2012年08月30日

出来上がり! 

先日作った、すもものサワードリンクをアップ!!
うっすらピンク色に〜。
炭酸で割ってミントを飾り、”スカッ”と飲めました。
drink.JPG

夏の疲れをスッキリとさせてくれました♪


posted by ちえみ at 15:50| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

サワードリンク!!

まだまだ、残暑厳しい日が続いていますね。
疲労回復も吹き飛ぶ!!、酸味の効いた手作りドリンクの紹介♪

『すもものサワードリンク』
果実ドリンク.JPG
材料:すもも(皮付き)200g、レモン(皮をむいたもの)50g
   お酢200cc、氷砂糖200g(またはハチミツ)

1)すもも、レモンをよく洗う。すももの中心に切り込みを入れ、くるっと回すときれいに種と分かれます。残った種はスプーンでくり抜き、スライスする。
kirikuchi .JPG
レモンも薄切りにする。

2)水気を拭きとった器に、氷砂糖、果実、お酢を入れ、上部にレモンをのせ軽く混ぜる。
サワードリンク.JPG
☆3〜4日で飲み頃に!
グラスに”サワードリンク”と果実を少し入れ、冷水や炭酸水で好みの濃さに割って、お飲みください!

【豆知識】
すもも…葉酸、アントシアニンも豊富!
    貧血気味や、眼精疲労の方にもお勧め。


◆事務所に作っておいてあるので、外出から戻った時に飲むのが楽しみ〜exclamation
ラベル:すもも
posted by ちえみ at 12:52| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

講座の報告!

 立秋も過ぎ、暦上では秋に入ったようです。
しかし、まだまだ暑い日が続いていますね〜。

先日の「フラワーアレンジメント&料理講座」
一部:水島あゆみ講師による『生花で楽しむフラワーアレンジメント』
二部:赤司知江美(栄養士)による『身近な食材で作る、お手軽料理講座!!』
   サラダ寿司&クラムチャウダー
場所は、シーズの上階のメリーゴーランド(水島さん事務所)にて。
●実施日 6月16日(土) ※終了後、すぐにアップできませんでしたたらーっ(汗)
●参加者 20〜40代の女性
●時間  14:00〜16:00
●参加費 2500円(お花、料理の材料代、指導料込み)
大変、リーズナブルに設定いたしました。
気軽に参加でき、お得感たっぷりでしたので、お喜び頂けたようです☆

参加者の声(一部抜粋)
【フラワー】 
・豪華なフラワーアレンジメントがあっという間にできた
・ちょっとしたコツで、キレイにみせることができるんだなと思った。
・”明るい色のお花”が多くて、元気になった♪
P1010020.JPG
【料理講座】
・すし飯を作る際に”ハチミツ”を使ったのが、斬新でした。
・お酢でアボガドの色止めができるというのを初めて知った。
・美味しかったexclamation
サラダ寿司.jpg

料理レシピ
◆料理講座レシピ 20120616
「サラダ寿司」4人分 
【材料】塩分計2.3g
・米 2合(300g)
・水 360cc
・昆布 5g
・合わせ酢
米酢(マルカン酢の“きぶき”)45CC
塩 小さじ1弱
はちみつ 小さじ2
オリーブオイル 小さじ2
・白炒りゴマ 大さじ4
・アボガド 半分
(変色を防ぐため酢水orレモン水をかけておく)
・茹でタコ(お刺し身用)80g
・マグロ(赤身)80g
・漬けだれ
しょう油 大さじ1
生わさび風 小さじ1/2
オリーブオイル 小さじ1.5
はちみつ 小さじ1/2(照りがでる)
・キュウリ 1/2本(塩水:水500cc、塩小さじ1/2)
・卵 1個、塩少々
・ツナソース
ツナ缶(小) 1/4
マヨネーズ 大さじ1/2
わさび 少々
◇カロリー 231kcal
◇塩分   1.7g

☆準備するもの:包丁、まな板、フキン2枚、キッチンペーパー、ラップ、レンジ、すし桶、しゃもじ、菜箸、ボウル小3つ、器1、タッパー2つ、竹楊枝、消毒ジェル、紙皿、割りばし、スプーン 

【つくり方】
1)お米をとぎ、分量の水を入れ30分以上浸漬。昆布をカットし、上にのせて炊飯する。

2)炊きたてのご飯(昆布は取り出す)をすし桶に入れほぐす。合わせ酢を全量加え、しゃもじを縦にして切るように混ぜる。白ゴマを加える。うちわで扇ぎながら混ぜあわせ、米に“つや”を出す。

3)漬けだれ(しょう油、わさび、オリーブオイル、はちみつ分量を混ぜる)に1cm角に切ったマグロ、タコを漬ける。アボガドは種を除き、皮をむき色留めをしておく。

4)キュウリはザラツキ・ヘタを取る。縦切りにしてからサイコロ状に切り、塩水(0.5%)に漬けておく。

5)耐熱皿にオリーブオイルを塗り、割りほぐした卵(塩少々)を1/2個分流し、ラップをかけずにレンジで熱を加える。ふくらんできたら止める。竹楊枝ではがし、太めのショート短冊切りにする。残りの卵も同様に。

6)ツナ缶のオイルをきり、マヨネーズ・ワサビを入れて混ぜ、ツナソースを作る。

7)すし飯にマグロ・タコを加え軽く混ぜる。器にラップを引きマグロ、タコを底面に少しのせ、すし飯を詰める。皿にひっくり返し、器・ラップをはずす。錦糸卵をのせ、串切りにしたアボガドをまわりに飾り漬けだれをかけ。端にツナソースを添え、出来上がり。

「クラムチャウダー」4人分
【材料】塩分計1.2g
・タマネギ 中1個
・にんじん 中1本
・じゃがいも 中1個
・しめじ 1/4房
・オリーブオイル 大さじ1
・小麦粉 小さじ2
・あさりむき身(缶ORパックの汁ごと) 60g
・コンソメ(固形)1,5個
・牛乳 400CC
・水 200CC
・塩コショウ 適宜
・パセリ 適宜
・ローリエ(あれば) 1枚  
◇カロリー 197kcal
◇塩分   1.2g

【つくり方】
1)野菜を1cmの角切りにし、じゃがいも以外の材料をオリーブオイルで軽く火が通るまで炒め、塩コショウを少々加える。じゃがいもを加えさらに炒め、小麦粉をまぶす。(焦げやすいので、注意!)

2)牛乳、コンソメ、水、アサリ水煮(汁ごと)を加え、弱火でコトコトと15分以上煮る。※じゃがいもが柔らかくなるまで煮る。☆ときどき牛乳のアクを取る。

3)パセリをみじん切りにし、キッチンペーパーで強めに水気をとっておく(パラパラの状態になる)。

4)じゃがいもが柔らかくなったら、OK!。器に盛り、パセリのみじん切りを多めに飾り出来上がり。

〜豆知識@〜
パセリ:βカロテン量は、、、
    赤ピーマン(パプリカ)の約7倍
    トマトの10倍以上
☆βカロテンは、シミやそばかすの原因となるメラニン色素の発生を抑制。抗酸化作用あり。

アサリ:タウリンが豊富で肝機能強化、二日酔いの予防にも!

ごま:血管を若く保ち、老化を防ぐ伝統的な健康食品。
   血中コレステロールの上昇を抑える働きがある。
   疲労回復に効果のあるビタミンB1も摂取できる!!
酢:疲労回復や食欲増進効果がある。
  カルシウムを含む食品と一緒に食べると吸収力アップ。
  クエン酸は疲労、肩こりの原因となる乳酸の生成を抑る。
※合成酢は風味が劣る(酢酸を水で薄め、アミノ酸を加えたもの)
ハチミツ:豊富なビタミン、葉酸、鉄分、カルシウム、カリウムなど様々なミネラルも含む。ハチミツでカロリーダウン! また白砂糖の1/3の量で同じ甘さ。白砂糖の約60%のカロリー。

【1日の塩分摂取量】2010年
男性9g未満、女性7.5g未満を推奨(日本人の平均は11g前後)
※高血圧の方は6g未満

posted by ちえみ at 15:59| Comment(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。