2010年06月17日

ハーブ

201006harb.jpg
先日、ローズマリーとバジルの苗を買ってきた(左がローズマリー、右がバジル)。
とても小さかったが順調に成長している。

ローズマリーを少しちぎって揉むとスーッと染み入るような香りに包まれた。
ローズマリーは消臭効果や抗菌作用、抗酸化作用があり香辛料として肉料理にもよく使われている。
この香りは脳の中枢神経に働きかけ集中力を高める。オフィスや勉強部屋においても最適。
ローズマリーの精油に興味を持ったが、個人で作るのには労力と専用機器(蒸留装置)がいるらしい。ローズマリーが1kgで精油5ccしかとれないとか‥。
やはり精油については、アロマオイルのコーナーを見に行ってみよう!!

バジルをちぎったら、イタリアンの匂いがして、お腹がすいてきた(笑)。それは‥、パスタやピザなどのトマト料理によく使われているからである。
バジルは殺菌作用、消化促進作用があるので、これからの蒸し暑い夏に向けて有効に使っていきたい。

トマト料理以外では、ジェノベーゼ(バジルソース)のパスタもおいしい。

【ジェノベーゼの作り方】(約2人分)
@松の実(50g)を焦がさないように炒る。
Aにんにく(ひとかけ)、バジル(50g)、オリーブオイル50cc、松の実をミキサーにかける。
B塩1.5g、ブラックペッパー少々、粉チーズ適量を加え、味をととのえる。
※これを茹でたてのパスタにかけて和えるだけでバジルの香りいっぱいのパスタが出来上がります。

生ハムを追加したらよりゴージャスになるよ☆




posted by ちえみ at 16:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。