2010年12月24日

防災訓練

先日、地域校区の小学校で防災訓練があった。
かなり大掛かりなものでした。

参加者は400名近くで、行政からも多数出席あり。
2010110711430000.jpg
消防車6台、起震車乗車体験、煙体験、AEDの使用方法などを消防隊員から丁寧に教わった。
また赤十字婦人の部から”かやくご飯”がでた。
なんと、これはアルファ米で熱湯をかけて60分戻しただけのものだが、味付けもよく、参加者の昼食がわりになった。
災害時でお湯も入手できないときは、水でも戻せると(その場合は2,3時間程度の時間を要する)。
消火器体験では”水消火器”を使った。【火】と書かれている看板を目指して7〜8mの距離まで近づく。一旦とまって栓を抜き少し近づきながら【火】をめがけ、レバーを押した。
初めて使うのと経験しているのでは、焦り方が違うと思った。

次いで起震車に乗車し、体験した。
靴を脱いで、ヘルメットをかぶった。
起震したら、ダイニングテーブルの下に入って、揺れがおさまるまで待つという行動をとらなければいけない。
自分たちの番のときは”震度7”設定だった。
「今から開始します。」と聞いたのだが、テーブル下に入っているつもりでも、少しでていたり、動揺して思うように動けない。
停止後も、あまりの揺れに心臓はバクバク、足はガクガクでした。
2010110710360000.jpg
とっさのときにとれる行動は、限界があるが訓練で経験していることにより、訓練未経験者より冷静な判断ができるはずだ。
訓練設定日は休日の朝早くからという場合が多いが、参加したことがない方には、是非に家族を守る第一歩として、危機管理を身につけるために率先して参加してほしいと思った。
2010110710040000.jpg


posted by ちえみ at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。